RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

G's voice

英会話カフェを経営している男が、それとはほぼ無関係な事を酔った勢いで、無責任に書くコーナー。途中からまじめに小説家を目指すに至る。
どうなるG-FLEX(2)
0

    どうなる G-FLEX (2)
     

     ○○音楽院の社長はホームページの写真で見るより若い感じだった。
     

     G-FLEXを始めてから、当然スーツは買っていない。必要ない。スーツを脱ぐことが起業の一つの理由だったと言っても良い。つまり、10年以上前に買ったスーツ。まるで臨月の妊婦がスーツを着たかのごとくパッツパツだ。無理を承知で頑張って履く。
     

     苦しい。
     

     記憶には無いが、前に一度履いた時に取れたのだろう、フックの金具が無い。かろうじてボタンを締める。さすがに10年で8キロ太っただけある。鏡の前に立ってみると、どうやらお腹だけでなく全体に太った様で、上着も肩が不自然に盛り上がり、もちろんボタンは留められない。ワイシャツもギリギリ。もし、くしゃみでもしようものなら、ボタンが飛び散るに違いない。
     

      *
     

     時間5分前に○○音楽院の本社に到着。

     自社ビルの最上階の社長室に通され、理事と社長に会う。
     久々の名刺交換。

     

    「いやあ、久しぶりの背広はきっつきつでパッツパツですよ」
     

     自らの緊張を解くべく、砕けた一言。
     

     全くウケない。


    やってしまったか。音楽関係の人だから、意外と砕けた感じを期待していたが、普通の社長と理事。

     

     それでも一応十分な準備をした僕は、気圧されることなく説明を始めた、つもりだった。全く落ち着いているつもりだったのだが、社長と理事相手に、ちょっと足が震えている事に気付く。こんな緊張感、多分10年くらい味わっていないだろう。しかし、まあ、あちらから頼んできた事だから、謙る必要はない。
     

    「社長と理事は英会話はどうでしょうか?」とたずねると、理事はカリフォルニア大学卒、社長も普通に話せると言う。


     少しビビる。

     

     その後淡々と、準備どおりに話を進めた。そしていろいろなケースについての利点、問題点などをまとめた表を見せ、説明した。
     

    「矢田さんはどのプランでやりたいですか?」と社長。
     

    「えー、」
     

     少し考え、
     

    「私としては、どれでもそれなりに対応できるつもりです。」
     

     と答える。
     

     社長は、

    「そうですか。」

     と言った後に続けた。
     

    「説明も非常に解かり易いし、準備も周到で、大変頭脳明晰で関心します」
     

     (ず、頭脳明晰!?)

     ・・・ 社長が好きになった。

     

     正確にこう言ったかは定かでないが、この「頭脳明晰」と言われた事は間違いない。いやあ、まいった。

     その褒め言葉に、
     

    「いや、単にひまなんです」
     

     と言ったら何故かウケてしまった。実際そんなに忙しくないが、暇な訳はない。うーん、これはウケるポイントだったのだろうか。その言葉に続けて、
     

    「現在僕の仕事は、新規の勧誘と初めてのレッスン対応だけなのです。あとは全部バイトに任せる事ができるので、比較的自由に動けます」と弁解。
     

     その言葉に「ふむ」と言う感じで社長は、
     

    「では、基本的に全部G-FLEXさんで営業、運営をして頂く形がこちらとしては希望です」
     

     と言った。その横で理事もうなずいていた。



    どうなる G-FLEX(3)に続く

    | どうなるG-FLEX | 23:48 | comments(0) | - | - |