RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

G's voice

英会話カフェを経営している男が、それとはほぼ無関係な事を酔った勢いで、無責任に書くコーナー。途中からまじめに小説家を目指すに至る。
<< SMについて | main | これからの日本 >>
PPAPと世界の笑いへの考察
0

     普段僕は「流行りものには興味はない=オイラは特別願望」な人間なのだが、実は何が流行っているかは人並みに気にしている。

     

     最近かなり流行っているらしい(今さらって感じ?)、ピコ太郎の「PPAP」(ペンパイナッポーアッポーペン)。知ってる人も多いだろうが、この意味不明の曲が、現在アメリカビルボードチャートの77位だと言う。これは坂本九、ピンクレディー、YMOなどに続く歴代日本人7人目の快挙だと。さらにU-tubeでも週間再生ランキング世界1位。これは日本人初。

     

     で、見てみた(embedが出来なかったのでリンクです。エラーが出る場合は再読み込みして下さい。ちゃんと戻って来てね!)。

     

    https://youtu.be/OkYu3lZMMcI?list=RDsh_Nm6yJul8

     

     何故だか分らないが面白い。即、子ども英会話のハロウィンパーティーで、みんなで踊ることを決定!

     これを見てまず思い出したのが、はだか芸人のあいつ、なんつったっけ?もう名前すら忘れかけている早稲田出身の芸人。

    「そんなの関係ねー」って踊り、「オッパペー!」って最後に叫ぶギャグがある意味世界的にウケて、U-tubeに真似と言うかカバーと言うか、そんなのが散乱した事がある。

     似た様な現象と内容だが、今回は規模が違う。

     

     で、ネットでいろいろ探すと、山ほど出てくるピコ太郎のPPAPのカバー。他の人バージョンを見ていて確かに面白い。何故面白いのか微妙だが全部同じでもちょっとづつ違い、アレンジと踊る楽しさが伝わってくる。

     そのあとで、思い出したのが、つい数年前大流行した韓国の「オッパカンナムスタイル」だ。(オリラジのPerfect human はこれのパクリと言われている)

     で、実はカンナムスタイルのビデオをちゃんと見たことが無かったので、オッパカンナムスタイルのビデオを改めて見て見た。

     

    https://youtu.be/Ont9nxifngI

     

     いや、こっちのが全然すごく出来が良いし工夫がされているではないか。多分金も掛かっている。が、そう言う問題ではないのだ。どんなに低予算でも、結果的に多くの人に受け入れられた方の勝ち。

     

     

     いろんなPPAPのカバーを漁っていて、ダントツ面白かったのが、インドバージョン。さすがダンスの国。インド映画は全部最終的にはみんなでダンスをみんなで踊ってるイメージ。踊りも音楽も独特で、ここまで来るとオリジナルと言える、と言うかインド人にしかこれは出来ないのでは。

     

    https://youtu.be/Vwo2xjzCvdU

     

     

    *

     

     日本人の作る笑いが世界(主に欧米)に通用するか、と言う事は各時代で試されてきた事だと思う。そして、あちらのマネをしてもそれはまずウケない。でも、日本のオリジナルとしての伝統的なもの(落語など)はきっと理解するのにバックグランドが違いすぎたり、理解のために勉強しないと難しい。漫才も日本独自のスタイルらしい。

     しかし、何故あっち中心の価値観なのか、とも思う。笑いの話で言えば、日本ではアメリカのコメディアンより、日本のダウンタウンやノンスタイルのファンの方が多いだろうし、彼らにとってはこっちの方が全然面白い訳だ。しかし、欧米人らにはその面白さは理解できない。結局世界共通の笑いの感覚と言うのはムリなのか?

     

     で、ここに単純な音楽とリズム、単純な言葉のみで構成されたナンセンスパフォーマンス。言葉自体にはほぼ意味はない。しかし言葉の持つサウンドとリズム、体の動き(dance)の面白さ、しかも少し滑稽と言うか、コミカルなものと言うのは万人共通に楽しめる物らしい。もしかしてこれこそが日本語を話す我々にとって、どんな国籍の人達にも共通する笑いを作る要素なのかも知れない。だが、もしそれだけならいっくらでも似たような物が考えられる。それらはウケなくて「オッパッピー」や「オッパカンナムスタイル」などがウケた要因が何かあるはずだ。

     

     そうか!わかった!

     

    「パピプペポ」ではないか?

     パ行が、実はこのヒットのキーなのでは。オッパピーもオッパカンナムスタイルもパ行が入っている。PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)に至ってはパ行がなんと5個!!

     きっとそうだ。そうに違いない。人類はパピプペポの音を聞くと、面白かったりハッピーになる。・・・えっ、ハッピー?・・・「ピ」。

     ・・・やはり。

     

    • 人気のある動物・・・パンダ
    • 事柄を楽しく作り変えるのは・・・パロディ
    • 永遠の少年・・・ピーターパン
    • バブルで流行・・・パラパラダンス
    • 可愛がっているのは・・・ペット
    • 平和の象徴、ハト・・・ぽっぽ
    • クマの・・・プーさん
    • おならも・・・ぷー

     

     今日はこの位にしておきます。

     

     

     

     

    | その他諸々 | 00:06 | comments(0) | - | - |