RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

G's voice

英会話カフェを経営している男が、それとはほぼ無関係な事を酔った勢いで、無責任に書くコーナー。途中からまじめに小説家を目指すに至る。
<< 一休み(1) | main | 同窓忘年会 >>
2014年を振り返ってみた。
0

     2014年を振り返ってみた。
     

     もう、今年も終わろうとしている。

     なのでこの1年を振り返ってみようと思う。


     しかし、そう思って年の始めから考えてみたが、何をしていたのかあまり思い出せない。多分新年会とかやったんだろうけど、全く覚えていない。取りあえず思い出せる事を書いてみる。


     *


     毎年11日は妹の家族と母親と、親父の墓参りと言うのが恒例となっている。その為、甥、姪にお年玉をやらなければならず、更に僕がみんなにしゃぶしゃぶなどをご馳走する習慣がいつの間にか出来上がってしまった。


     叔父(=私)としては、見栄を張ってまだ小学生の甥姪に一人5000円ずつのお年玉をやり(これが多いのかは分からない)、しゃぶしゃぶ食べ放題を振る舞って、義弟(妹の旦那)の手前たいそう景気が良さそうなフリをする訳だ。


     後で妹に聞いたが、甥っ子が、


    「オン(=)ちゃん、すごいお年玉くれたよ」


     と言うと妹は、


    「社長だからお金いっぱい持ってるんじゃない?」


     と答えた。すると甥っ子は、
     

    「オレも社長になる!」(甥っ子の場合、オレ↑upではなく、オレ↓downのイントネーション)


     と意気込んでいるそうだ。

     果たして、これは教育上良い事なのだろうか。何となく騙している気もする。


     *


     2月で考えられるのが、まあバレンタインデーとかだが、どうだったか全く覚えていない。今年は義理チョコすらもらっていない気がする。

     3月、、うーん何も覚えていない。4月は花見パーティーとかしたはずだが、何処でやったかな。。。

     今年5月ってあったっけ?

     

     そんな具合。


     *


     何時からだろうか、僕は過去を振り返るのをやめてしまった。別に「今に生きる」などとも思っていないが、旅行の写真なども全く後で見ない、と言う有様だ。


     仕事柄、イベントなども多く、写真など撮ってFace Bookにアップしたりするべきなのだが、全くやらない。やる気が起きない。正直面倒臭い(仕事なのに)。


     昔の僕(10年くらい前までか)は全然違った。英会話合宿なんかからの帰り、一人で家の近くの居酒屋にわざわざ寄って、ついさっきまでの合宿中の写真を眺めながら一人ニヤニヤ笑いながら酒を飲んだりしていた。過去を振り返る事は一つの楽しい時間だったはずだ。


     誰かが言っていた。幸せな人生とは、楽しい時間を積み重ねる事だ、と。つまり楽しい思い出を沢山持っていると言う事なのか。積み重ねるって事は、思い出に詰まって行く事な気がする。

     それが、いつの間にか終わった事に全く興味が無くなった。プライベートの事でも同様だ。いくらその時が楽しくとも、記憶からはすぐに消えて行く。
     

     これは、人生への価値観が変わってしまったと言ってもいいかも知れない。


     *


     他人にそういう事を言うと、
     

    「それは忙しいから過去を振り返る暇がないんじゃないかな」
     

     と言う。
     

     しかし、それは違うだろう。実際僕はあまり忙しくない(もし、そんなに忙しかったら、こんな風にブログとか書いてられないだろうし、毎日8時間以上眠れないだろうし、ましてや酒も毎日飲んでいられない)。

     サラリーマンの時より、ずっと自由な時間がある。

     一つ考えられるのは、
     

    「年を取った」
     

     と言う事か。
     

     今何をしても、いろいろな事が当たり前になってしまい、「感動」が少なくなったのではないか。同じくらいの他の人達はどうなのだろう?僕には同じ位の年の友達が周りからほとんど居なくなったので、訊ねる機会もあまりないし、そうはあまり考えていなかった。
     

     ああ、そうか。普通は結婚していて、出産だったり、子どもが高校入試だったり、新しい経験の連続なんだ。環境が変わる。そこに新しい経験がある。確かに僕も結婚していた頃の思い出は鮮明だ。その後の僕はずっと同じ環境に居て、ずっと同じ事をやっているから飽きちゃったのか。
     

     それはあるだろう。
     

     *
     

     そもそも感動が少なくなった、と言うのは感性が鈍ったと言えるとともに、自分本位に考えると「刺激が減った」と言いかえる事ができると思う。
     

     ・・・恋でもするかな。
     

     これもまた年のせいにしてしまうが、トキメキと言うものもほとんど無くなった。もちろんカワイイなとか、セクシーみたいなのは思うけれど、いわゆる「恋愛感情」と言う特別な気持ちは、もう長い事湧いていない気がする。若い頃のあれは一体何だったんだろう。
     

      *
     

     ところで本題に戻って、今年一番の思い出って何だろうか?
     

     サーフィンを始めた事だ。それしかない。
     

     もちろん、その他、G-FLEX藤沢が軌道に乗って上手く行った事や、○○音楽院と事業提携が始まった事などは思い出す。あと、小中学校の時の懐かしい友人たちとFBで久しぶりに繋がり、飲みに行った事とか。
     

     しかし、それより何よりやっぱりサーフィン。たいしてやってないけど、ある意味画期的な出来事だった。今は寒さに負けてしまってやってないが、来年3月頃から復活するつもりだ。
     

     *
     

     そうか。やはり新しい刺激が感動を呼ぶのだ。サーフィンの事は新しい事と同時に、ブログに書き留めているので、記憶を洗い直していて鮮明である。
     

     これは、ボケ防止にも役に立つのではないか。早目の予防策だ。

     (最近老いと言うものを意識し始めた)
     

     *
     

     てな感じで、一年を振り返ってみて、どうやらここからはあまりポジティブな方向に繋がらない気がするので、この辺で止めときます。てか、「老い」は今後禁句とします(でも言っちゃうんだろうなぁ、言い訳を)。

     

           (了)

    | 2014年総括 | 02:17 | comments(0) | - | - |