RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

G's voice

英会話カフェを経営している男が、それとはほぼ無関係な事を酔った勢いで、無責任に書くコーナー。途中からまじめに小説家を目指すに至る。
<< どうなるG-FLEX(3) | main | 2014年を振り返ってみた。 >>
一休み(1)
0
    一休み(1)
     
     
     別に仕事でこうやって書いている訳でもないのだが、一応毎週書くことに決めている。
     そして思う事は、つくづく雑誌などで連載を持っている人は大変だなあ、って事。別につまらない事テキトウに書いても誰も困らないんだけど、一応200人くらいの人がこのブログを読んでくれている様で、やはり読んで「ツマラナイ・ジカンソンシタ」と思われたくない。しかも物書きを目指した事があると言っている手前、「コレデカヨ」と笑われるのも嫌だ。(ネット上でコメント書いてる人ってカタカナ多い気がする)
     しかしながら、そんなにネタに満ち満ちた生活を送っている訳でもないので、週一程度書いていても、すぐにネタが尽きる。朽ちる。果てる。
     
     ここでは、「メタボ対策サーフィン」はもちろん、「どうなるG-FLEX」もネタが熟すまでちょっとお休みして、全然関係ない事を書きます。
     あの、適当に読み流してください。

     ************************
     

    小さな散文(1) ミニスカートの魔力(男の子向け)

     

     日本人の女子は好んでミニスカートを履く。寒い冬でも我慢して履いている様だ。

     何故なら「カワイイから」らしい。

     一方欧米の若い女性はミニスカートはあまり履かないと言う。

    「あんな恰好して夜歩いていたらレイプされる」とフランス人の若者が言う。

     これは日本と言う安全なお国柄か、はたまた日本人女性の足は細く、ミニスカートが似合うからなのか。
     

        *
     

     当然の事ながら、ミニスカートは多くの男性の目を奪う。確かにミニスカートから伸びた健康的な足は魅力的だ。しかし、それだけではないのではないか。

     ミニスカートの魅力を支える大変重要なものに実は、
     

    「♡パンティー♡」
     

     の存在があるのではないだろうか。

     つまり、男は、ミニスカートからもしかして見えそうな♡パンティー♡を無意識の内に期待し、目を奪われる、と言うのが私の分析結果だ。

     その証拠に、エスカレーターや階段などで、ちらっとでもミニスカートの中身が見えてしまった時、もしそこにトランクスなどを履いていた場合「完全に裏切られた」気分になる。「ダマされた」とも言える。何故だか、一気に気持ちが萎える。どんなに魅力的な女性の足でも、裏切られた感があり、突然興味がなくなる。

    (もしかすると、これは僕だけだろうか。。。いや、そんなはずはない。)


       *
     

     何故パンティーがさも魅力的なのか。しかも何故か「白」に限る。これは誰にも解らない、永遠の謎だ。はたして、女性は男性のブリーフに萌えるのだろうか。社会の窓が開いたまま電車で座っている男性を見て、「オッ」と思うのだろうか?イケメンがジーパンのチャック全開で、白いブリーフが見えちゃっている姿。男からすると、これはエロティックと言うより、ギャグを通り過ぎて可哀想な光景だ。


     多分その辺の感覚、女性は違うのではなかろうか。
     

        *
     

     かくのごとく、男はさも単純、女は多分複雑なのである。


    (了)


    ******  続き ↓  ********
     

     小さな散文(2) 「ミニスカート続編」

     

      電車に乗っていて、しかも空いている電車で席に座っている時、少し困る事がある。

      向かい側に超ミニスカートの女性が座っている時だ。

      特にハイヒールなんか履いている女性の場合はやばい。角度的に抜群だったりする。何の話かはお分かりであろう。
     

    「見てはいけない」


      別に法律で罰される事も無いはずだが、僕の中のモラル(道徳)が許さない。

      しかし、それとは裏腹に、眠っている振りをしながら、何故か薄目を開けてしまう。すると、彼女は明らかに僕の方を見ていた。
     

    「や、ヤバい。バレてる!」


     慌てて、ちょっと固く目を閉じる。

     そのまま眠ろうと思うが、どうしても気になる。目の前に♡パンティー♡があるのだ。
     しばらくして「そろそろ疑いも晴れた頃だ」と思い、再び薄目。
     

     あ、やはりこちらを気にしている感じ。。。チラ見に近い感じでこちらを気にしているのが分かる。
     完全にバレバレなのか。再び固く目を閉じる。

     ・・・恐るべし女子の勘。

     

         *
     


     その後、下車駅に着いて、ホームに降り立ってしばらくして、ある事に気が付いた。股間が涼しいのだ。

     恐る恐る下を見る。・・・あ。


     こちらもジーパンのチャックが全開だったのだ。・・・なるほど。


     女子もやはり男子のパンツを気にするのだ、と思った出来事だった。

     

    ()

     

    一休み(2)へ



     
    | 一休み | 19:13 | comments(0) | - | - |