RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

G's voice

英会話カフェを経営している男が、それとはほぼ無関係な事を酔った勢いで、無責任に書くコーナー。途中からまじめに小説家を目指すに至る。
NAS
0

    NASスポーツクラブ

     

     

     ブログの最初のころ、「俺向きではない」と言っていたスポーツジムに、最近密かに通いだした。と言っても8月からだからまだ1ヶ月ちょっとだが週3ペースで行っている。

     痩せようと言う事はもちろんあったが、ご存知の通り僕は毎日ビールを2から3リットル、コテコテラーメンを週2,3杯、焼肉、しかも仕事上ほとんど夜十時過ぎに食べる、と言う食生活の上に何一つ運動をしていない(あれ?サーフィンは?と思われたかも知れないが、実は今年はまだ1回しか行っていない)。この不節制な生活を維持しつつ、健康でいられる事は出来ないものか(その前にその生活やめろ、と言われるが10年以上の習慣はそう簡単には変えられない)。

     

    (このままではヤバイ・・・いつか病気になる。それも致命的なやつ)

     

     ずっとそう思っていた所へ、藤沢G-FLEXのビルの道路の向かい、2軒先に何やら大そうな建物の建設が始まった。見ると、

     

    「スポーツジムNAS、8月1日オープン!ジャーン!!」

     

     とあるではないか!そう、その時、遂に神様が僕を見かねて「すぐ近くにジム作ってやるから行きなさい」と言う天の声が聞こえたのだ。同時に(ここまでやってやっても、ダメなら、もう知らぬぞよ)とも聞こえた。

     藤沢のG-FLEXから徒歩30秒くらいだ。で、特典も多いしすぐにオープン前入会を即決定。

     

    *

     

     と言うことで、あれだけ嫌がっていたジムに8月1日オープン日から通っているのだが、このNAS、初めからすごく混んでいるので驚いた。しかもみんな初心者っぽくなく、汗だくだくで真剣だ。黙々とランニングマシーンやら、筋トレマシーンをやっている。みんな真剣そのもの。雰囲気が尋常ではない。昔ジムに通っていた時って、みんなこんなにマジだったっけ?しばし過去の考えに耽る。そこで思いついた。

     

    「あ、そうか!」

     

     その時僕は気がついた。ここがなぜ8月オープンだったのか。

     つまり「オリンピック」である。

     世の中の人はみんなテレビでオリンピックを見ているのだ。そして、(よし!俺も!)と立ち上がり、並々ならぬ闘志を秘めてジムに来るのだ。

     慣れないマシンに跨り、真剣な眼差し。今まで挑んだことない自己ベストを目指す。

     

    (自分を追い込むんだ!)

     

     みんなテレビに映る金メダルを取った選手のエピソード映像でのコーチの怒号そのままを胸に、黙々と頑張っている(僕もそう)。気分は目指せオリンピック。

     なるほど。素晴らしいマーケティング計画だ。これは外す訳がない。

     

     現在9月(オリンピックが終了)になって、やはり客足は減った気がする。

     

    *

     

     僕はウェイトトレーニングと水泳を1日ずつ交互にやっている。

     

     若いころは、一回1キロから2キロほど泳いでいたが、もう今や500か600メートルで疲れ切り、外のジャグジーで空を見上げている。休み休みで1キロが精いっぱい。ここまで体力が落ちているとは。。。トホホ。

     

     

     僕は、水泳をやっているとき、泳いでいる途中で突然苦しくなり泳げなくなる事がある。これは疲れたとか、水を飲んだとかの類の事ではない。心理的なものである。

     つまり、それは例の震災の津波を想像してしまった時だ。多くの人たちが溺死した訳で、空気が無い中でもがき苦しみ、沢山の海水を飲み、どうしようもない状況に自分を委ねるしかない。この世で最悪な一つの死に際だ。その苦しみは計り知れない。

     その苦しみを思い浮かべてしまい、自分も本当に苦しくなる。で、普通に泳げなくなる。超安全な25mプールに浮かんでいるだけなのにもがき苦しみ、死の恐怖と闘っているのだ。今までにこの感覚が何回か襲い掛かってきた。一旦頭に浮かんでしまうと、振り払う事が困難だ。物理的に苦しくもないのに、溺死する苦しみを想像して、気持ちが苦しくなっていしまうのだ。心理的なものが体に及ぼす影響とは、かくも恐ろしいものなのかと思う瞬間である。

     

    (いや、オリンピックのスイマーたちも、きっとこんな心理的な重圧に苦しみ、そして打ち勝って来たに違いない!)

     

     と思い(なわけないべ)、(打ち勝たねば・・・)と思いながら、(やっぱこう言う時は早く上がってビール飲んでラーメン食べよう、無理は禁物)と逃げてしまう。ここが本物と似非物の違いか(はるかにそれ以前だろうが)。

     

     

    *

     

    ジムで思ったこと。

     

     あと、男性の更衣室や風呂に「若い女の子のスタッフ」が普通に入ってきて、タオルの取替えやら水質検査だかなんだかをやる事。これはさすがに恥ずかしい。こっちは素っ裸で、向こうは服を着ているのだ。いや多分向こうだって恥ずかしいに決まっている。数十人の素っ裸の男たちの中に投入されるのだ。完全に目のやり場に困っている。おばさんだったらまだトイレとかで掃除してたりするから慣れているが、どうやらここにはおばさんスタッフ自体がいない様だ。みんな若くてピチピチの女の子スタッフばかりだ。男のスタッフも居るはずなのに。

     んん、もしかして、これはサービスなのか。だったら水着で入って来い、といささか変な方向へ。いや、ひょっとしてパワハラか?罰ゲーム?

     

     

     あと、以前のスポーツジムの時もそうだったが、ボディーシャンプーもリンスインシャンプーも、全く泡立たない。史上最低なシャンプーとソープを使っている。単純に安い物を使っているのだろうが、通常の5倍は使わないと泡が立たないので、バンバン使わざるを得ない。そうすると、通常の半分の価格の物を使っているとしても計算上結局損ではないか。でも高いものを置いててもお客さんバシバシ使っちゃうんだろうな。タダだし。

     

    *

     

     ちなみに、一応筋トレの後プロテインなどを飲んでいるのだが、これが昔に比べて全然美味しくなっている。昔はきな粉を水に溶かして飲んでいるみたいで、粉っぽくて不味かった。しかし、僕の買ったのはホエイプロテインメロン味。これをミルクと氷でシェイクすると、まさにマックシェイクみたいで結構美味しい。

     

     超近いし、設備も最新でほぼ言う事なしのトレーニングジムに行っている訳だが、肝心の体重はどうなっているのか・・・。

     それがなんと増えているのだ。一ヶ月で1.5キロ増。確かに食生活などは一切変えていないけど何故・・・。

     体型はと言うと、明らかに胸が張り出てきて、そのせいなのか腹はそれほど出て見えない。凹んでもいないが。つまり筋肉がついた分体重が増えたのだ(と願っている)。体組成計などで測っていないから分からないけれど、上半身が一回り大きくなった様には感じる。

     

     二十代半ばころ、やはり筋肉隆々の体に憧れてジムに通った事があったが、その頃ちょっと好きだった女の子に自慢の積もりで、

    「俺、最近ジムで筋トレとかやってんだ」と言って腕にぎゅっと力を入れて見せた。かるく筋肉が浮き出る。

     するとその子は、

    「ふーん、でもさ、筋肉ばっかり付けてるヤツってさ、・・・バカっぽくない?」

     と言われ筋トレを挫折した事が思い出された。

     

    *

     

     今回は単なる健康目的だったが、だんだんボディービルディングに目覚めてしまいつつある自分を感じている。もし誰もが認めるようなムキムキな体になったら、きっと街を堂々と歩けるし、少なくとも自分が強くなった気がするに違いない。これは生きていく上で重要だ。

     

    「筋肉野郎ってバカっぽくない?」

     

     言いたい奴には言わしておけ。間違っても俺は筋肉バカではない(なることすら出来ないかも知れない)。

     

     

     一歩健康の道に踏み込めば、もっともっと健康に目が向くのだ。

     この道を行けば、ビール2,3リットル、週3コテコテラーメンもきっと薄れて行くであろう(でもそれは嫌だぁ。依存)。

     

     4年後のオリンピックを目指して。

     

     

    (了)

     

     

      その他諸々の次へ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | その他諸々 | 22:09 | comments(0) | - | - |